映画・テレビ

2012年1月 4日 (水)

NHKドラマ「平清盛」と古事記のヤマトタケル

まもなく、松山ケンイチ主演「平清盛」が始まります。

うちの息子たち、かなり興味をひかれたようです。「海賊」がポイントですね。

迫力ある「海の戦い」を期待します。

 

確かに、清盛と言えば悪い印象が強いです。

子どもの頃見た、熱病でくるしむ清盛のお話と挿絵が強烈で、「苦しんで死んだ人」のイメージでした。

 

学生の頃、そのイメージを払拭してくれたのが、吉川英治著『新・平家物語』でした。

 

そして、このたびのNHK大河ドラマは、すがすがしい英雄「平清盛」らしいですね。

苦難を乗り越え、偉大な人物になっていくケンイチさん扮する清盛をみて、

震災で苦難を強いられている若者たちがパワーを得てくれるといいと思います。

韓国ドラマのような、三角関係などもあれば、面白い・・・かな?

 

 

平忠盛の嫡子。しかし、本当は白河院の落胤 (らくいん)かもしれなかった清盛。

ふたりの父をもつ「清盛」の描写に期待です。

また、伊勢国との関係も注目すべきところ、かと。

 

伊勢国は奈良時代から(おそらく、それ以前から)東国との海上交通の要地でした。

 

平安時代、安濃津 (あのつ)、桑名津は重要な港だったと考えられています。

 

 
この「海上の道」は『古事記』ヤマトタケルの東征説話と密接な関係があります。

 

また、清盛の「熊野詣」を、神武天皇の熊野村説話をもとに考えると、

物語的にとても面白いんですね。熊野は「死と再生」の聖なる地なのですから・・・

(このことについては、コメントにご要望があり次第書きたいと思います。)

 

 

伊勢に根拠地をもっていた平家、平清盛だからこそ、海上への志向性があり、

海を重視した、と。

 

つまり、古代から発達していた伊勢湾を中心とする海上交通という環境があったからこそ、清盛は「海上」を利用した政策に力を入れたんだと。

 

古代妄想をもっていえば、ヤマトタケルと清盛とは、「海上の道」でつながっていると考えます。 

 

清盛が、厳島 (いつくしま) 神社を崇敬したのも、「海の神話」に強い関心があったからと考えたいですね。ヤマトタケルが伊勢神宮と関係深かったように・・・

 

さらに、2人とも、天皇家の血をひきながら、父である天皇と離別し、悲惨な最期を遂げた「皇子」というところも、共通の物語要素をもっているようで面白いですね。

 

 
 
また、大事な家族を海で命失わせてしまうのも共通します。 

ヤマトタケルは、オトタチバナヒメを・・・

 

平清盛は、安徳天皇をはじめとする平家一族を・・・

 

 

哀しき英雄のお話は、ギリシア神話のヘラクレスとも共通します。

 

(興味のある方は明治書院『徹底比較 日本神話とギリシア神話』をお読みください。 ヘラクレスとヤマトタケルの共通要素などがよくわかります。)

 

 『古事記』のヤマトタケルが、哀しき英雄として古くから日本人に愛されてきたように、ケンイチさん演ずる平清盛が、やはり哀しき英雄として日本中から愛されることを、心よりお祈りいたします。

2011年7月 1日 (金)

「もののけ姫」と大震災

今夜「もののけ姫」をみました。

 

 

この時期に、「もののけ姫」・・・考えさせられます。

 

 

自然 対 人間

 

 

自然との共存を求める人間。

自然を欲望のままに屈服させようとするのも人間。

生きるために自然を破壊する人間。

そして、その人間と対峙する「もののけ」

もののけ、とは「モノの気」・・・この夜のすべての存在のエナジー。

 

 

凶暴なサン、美しいサン・・・

それは「自然」そのまま・・・私たち日本人は自然を畏れ、そして魅了されている。

古代の人はそれを「畏(かしこ)し」といいました。

私たち日本人は、自然に絶対的な畏敬の念をもっています。

おそろしい。でも、すばらしい。共に生きたいと。

 

 

映画で、山犬の神モロは怒ります。

おまえに我が娘サンが救えるのか。

アシタカは答えます。

だが、ともに生きていくことはできる。

争っても、憎しみを増やすだけだ。・・・と

 

かつて、日本古代において蛇はひたすら畏(おそ)れ、忌避すべき存在であった。水辺に住む水の神であり、偉大なる大自然の象徴であったからである。しかし、文明が起こり、進化していく。(中略)それはジブリ映画『もののけ姫』のテーマだ。自然と調和し、共生を重んじる、アニミズム(万物すべてに霊魂が宿っているという考え、宗教観)的・多神教的な自然観である。(中略)【しかし、人間の社会を成り立たせるためには】「人民の生かす」場をつくること【が必要になる。】、それは『もののけ姫』で描かれている、森を破壊するタタラ場とリンクする。そこは社会から差別を受けてきた女たちや業病患者が活き活きと働くことが出来る救いの場となっていた。
           「キモイケ(気持ち悪くてイケてる)の怪物たち」『徹底比較 日本神話とギリシア神話』(明治書院)より

 

 

 生きるため、人間は大自然と戦わねばならない時があります。

 快適さを得るため、大自然の摂理をねじまげることも必要でした。

シシ神の首・・・それは今「原子力発電」のように見えました。

首を落とされ、シシ神が恐ろしいモノをまき散らす・・・。

 

 

「原子力」も、地球の一部、自然の一部であったはずです。
人間は、手に入れてはいけない「シシ神の首」を手に入れてしまった。

不老長寿・・・・大量のエネルギーを手に入れた日本は、文明を進め、長寿の国となりました。命を延ばす医学が進み、命を延ばす器具を電気が動かしています。

原子力を簡単に手放すことはできないでしょう。

それもまた「生きる」ために必要な人が大勢いるからです。

でも、日本人はきっと次なる進化を遂げるはずです。

古代から決して忘れない「自然への畏敬」を心に。

日本大震災の時に見せていただいた、東北の、関東の人々のすばらしさ。

ツイッターにみえた、すばらしい日本の方々。

震災後も「故郷」を離れたくないという被災者の方々。

日本人の中にまだ「神話力」があるかぎり。

私たち日本人はあきらめないでしよう。

 

 

森とタタラ場、共に生きる道はないのか。

自然と文明が共に生きる道はないのでしょうか。 

サンと共存を願うアシタカ。

まさに今の日本人が願っていることだといえるでしょう。

まだ終わらない、私たちは生きているのだから。

 

 

亡くなった方々のことを思うと、未だに涙が浮かびます。特に小さな子どもの名前に・・・

 

亡くなった方々に恥じないよう、生きている私たちはどのように生きればよいのでしようか。

 

 

 

でいたらぼっち、が押し寄せるシーンが津波と重なります。

逃げ惑う人々・・・

けが人や病人に手を貸す人々・・・

 

 

そのなかで心に響く、

生きていれば、なんとかなる!

 

 

最後に・・・やっぱり宮崎駿監督はすごい、と思いました。

2011年1月 7日 (金)

「千と千尋の神隠し」から学ぶ社会人基礎力

中日新聞、2011年1月6日(木曜日)に興味深い記事がありました。

 

「座標変換④ ゆとり世代 逆境をバネに」
 

 

 ここに、23歳Kさんの経験が紹介されています。

 

愛知県刈谷市の居酒屋で2年半、学生アルバイトに打ち込んだこと。
この居酒屋の店員教育の厳しさによって、Kさんが目覚めたこと。

「身の回りのすべての出来事をプラスに解釈すべし」
「無理だとか、できないなどの愚痴を絶対言わない」
など、30もの約束事があり、

夢中で働くうち「変わったね」と言われるようになったそうです。

Kさんが就職活動を始めた2000年秋、

リーマン・ショックが起き、就職戦線が一気に冷え込みました。

しかし、「自分にはバイトで培った゛無理、できないと言わず

゛逆境に耐える力がある」と信じ、活動。愛知県内の信用金庫から

念願の内定を得た、という記事。

 

社会人となり、旧友は「仕事がつらい」と愚痴を言う。

そんな時も゛すべてをプラスに解釈゛する前向き思考が生きる。

「伸びるためのチャンスをもらっているんだ」

            (中日新聞、2011年1月6日一面より引用)

 

 

「千と千尋の神隠し」は、2001年7月20日に公開されました。

主人公、千尋は小学4年生で10歳という設定でした。
 

 

 神隠しに遭っていた時間を考えず、単純に計算すれば、

現在20歳、今の「ゆとり世代」であり、

そろそろ就職を考えなければならない年令になっています。

大学1年生か、2年生でしょうか・・・

 

 

神の世界で「生きる力を呼び醒ま」した千尋。
 

(当時の映画のキャッチコピー「生きる力」を呼び醒ませ!でした)
 

彼女なら恐らく、就職前線に果敢に挑むことができるのではないでしようか。

 

宮崎駿監督は、映画の中で発揮される千尋の主体性は、

 もともと彼女の中にあったものだと述べていらっしゃたと記憶しています。

(違っていたら、ごめんなさい)

 

彼女は、神の世界で「変わった」のではないと。

 
もともと、「生きる力」をもっていたのだと。

 
そして、それは千尋に限らず、子ども達みんながもっているものなのだと。

 

 

でも、その時の子ども達は今、「生きる力」を見失い、戸惑っています。
 

今、就職活動で悩んでいる若者達は、

小学生の頃「千と千尋の神隠し」を劇場でみた子ども達なのではないでしょうか。
 

 

 
 
 就職活動で悩んでいる皆さん。
   

 皆さんの中には「千尋」と同じ「生きる力」が眠っています。
   
   
 当時の私は、まだ経験が浅くて、

監督の言葉の意味がよくつかめていなかったと思います。

が、この年になって、やっと理解できました。
 
 

 誰でも、環境によって「生きる力」が出せるのです。
 

 

 「カオナシ」が、経済理論(バブル経済)によって成り立っている油屋で化け物となり、

 必要最小限のモノしかないような静かな銭婆の家では穏和な存在になり得たように、

 

 

 千尋も「油屋」という逆境において、「生きる力」を覚醒させたのです。

 

 

 千尋は最後、湯婆婆にこう言います。
 

 「お世話になりましたconfident
 
  

 私の脳内で、冒頭で紹介した、Kさんと重なります。
 
今、就職できず、悩んでいる皆さん。

 
皆さんは決して、「ゆとり世代」のモンスターな若者・・・ではありません。

ただ、これまで、あなた方を強くする「逆境=試練」がなかっただけです。

だから、今、あなたたちに「逆境=試練」が与えられているのです。

 

 いま、戦っているあなた方は「千尋」です。
 

 「千」になってはいけません。

 

 「ゆとり世代」という名前ではないのです。
 

 あなたは、あなた。
 
 

 あなたの中には必ず「生きる力」があるはずです。
 

 
 
 

 あきらめず、たくさん失敗をして強くなっていってください。
 

 素直な心で、助言する援助者(年上)に従ってください。
  

 きっと、あなたの「shine生きる力が覚醒shine」されるはずです。
 
 

 何年か後、あなたはきっとつぶやくことがあるでしよう。
 
 

 「就職活動は辛かった、でもいい経験だった。」
 
  
  

 私は銭婆になりましょう。

  
「大丈夫、あんたならやり遂げるよ」 

2011年1月 6日 (木)

続、「千と千尋の神隠し」と「トイレの神様」

heart02昨日、ドラマ「トイレの神様」をみました。

植村花菜さんを芦田愛菜ちゃんと北乃きいさん。
おばあちゃん役を岩下志麻が演じていらっしゃいました。
 
岩下志麻さんのおばあちゃん役は最高でしたね。
おばあちゃん、というにはshine美魔女ぶりshineでしたが・・・

さて、前回書いたブロクに
 
「千と千尋の神隠し」で印象的だったのは
ぞうきんがけをしている千尋のシーン
と書きましたが、
 
愛菜ちゃん演じる植村花菜が、

おばあちゃんの家をぞうきんがけしている場面があり、

ひとり、「重なったheart02」と喜んでいました。
 
 
ぞうきんがけはやっぱり大事です。
 

しかし、うちの息子は・・・
①上の息子→冬休みの宿題がまだ終わっていない。
②下の息子→昼食後、遊びに行って帰ってこない。
です。

 ぞうきんがけ、どころの話ではありませんannoy

こやつらの社会人基礎力が心配です。

 

 

さて、まじめな話。

昨日のドラマをみて、また神話との関わりを考えました。
 
今回は、
crown認めてくれる人crown
です。
 
 
私も「絶対的に認めてくれる人」がいました。母と祖母です。
一番は母ですが、祖母もまた認めてくれていました。
本当、いい孫じゃなかったのに・・・
恩返しもしていないのに・・・
2年前、最期の時を迎えていた祖母を思い出し、
ドラマを泣きながら視ていました。

人が成長するには「認めてくれる人」が必要なのだと、
「花菜なら、大丈夫」
というおばあちゃんのセリフを聞きながら、
 
日本神話のオオクニヌシを、
千と千尋の神隠しの千尋を、
思い浮かべていました。
 
オオクニヌシには愛妻スセリビメ、
千尋には川の神ハク、
 
そういえば、NARUTOのナルトも
ペインとの対決の中で父ミナトに、

「おまえなら、絶対だいじょうぶだ」
と言われていましたね。
 
今度は私が「絶対だいじょうぶ」と言う番なのでしょう。
 
子育ては、なかなか思うようにいきませんが、
息子たちに「あなたなら絶対だいじょうぶ」といえる存在にならねば、と思います。
 
花菜さんのおばあちゃんのように・・・

 

そういえば、神話や昔話には「老人の援助」という物語要素があります。

 

人生経験を積んだ老人が、未熟な青年に助言したり、手を貸したりするというものです。

「千と千尋の神隠し」にも、釜爺や銭婆がいましたね。

映画のラスト、銭婆が千尋をだきしめ、

「だいじょうぶ、あんたならやり遂げるよ」

という場面があります。

この場面と、花菜さんのおばあさんが花菜さんを東京に送り出す場面と、

「重なる」と思っていただけたら幸いです。

(詳しくは『徹底比較 日本神話とギリシア神話』助言する老神、参照。)

2011年1月 5日 (水)

「千と千尋の神隠し」と「トイレの神様」

■ 千と千尋の神隠し、金曜ロードショー 放映 ■

「千と千尋の神隠し」は何度視てもすばらしいですね。

視るたびに、いろいろと考えさせられます。

現代、「社会人基礎力」が話題となっていますが、

「千と千尋の神隠し」は、

子どもに社会人基礎力を教えるに適材の映画です。

もし、どこかの小中学校が、

「千と千尋の神隠し」で神話や社会人基礎力の話をしてほしいといわれれば、

ボランティアで行きたいぐらいです。

(講師料はいらないけど、交通費はくださいcoldsweats01

今回は「トイレの神様」とが、私の脳内で結びつきました。

昨年の紅白歌合戦で、「トイレの神様」を聞き、思わず泣いてしまいました。

私も幼児期から思春期まで、田舎(世界に認められた生物多様性が息づく町です)で、

おばあちゃんと暮らしていました。

shineトイレ掃除すると美人になるでshine

は、母からも祖母からも教えられたことです。

下の息子(6歳)が紅白の「トイレの神様」を聞いていて、

「だ~か~ら~、

この人(植村花菜さん)

べっぴんさんになれたんやねhappy02

といったときには泣きcrying笑いhappy02していました。

私の祖母も2年前に亡くなりましたので・・・

coldsweats01さて、「千と千尋の神隠し」と「トイレの神様」がどのように結び付いたかというと、

「川(や)の神様をきれいにする」

です。かなり、ムチャな気もしますが、おつきあいを・・・

昔、トイレを厠 (かわや)といっておりました。

「かわや」は『日本書紀』にもみられる古い名前で、

江戸時代の国学者本居宣長が、その語義を水上、

つまり川の上で用便する原始的な水洗トイレ、「かわ屋」と考えました。

『古事記』には、「かわや」で用を足していた姫さまと結婚したくて、

大神さまが、その「かわや」の穴から丹塗り矢に化して侵入し、

結婚したという、驚きのエピソードがあります。

(詳しくは『徹底比較 日本神話とギリシア神話』参照。)

かつて、日本神話の時代では「川」は衛生を守る存在でした。

汚れを流し、清浄をあたえてくれるのも川の役目だったのです。

この「かわや」の神様を、「厠神(かわやがみ)」といいます。

「トイレには、それはそれはきれいな、女神さまがいるんやで」

この言葉で想起するのは、中国の厠の女神、紫姑神 (しこしん)ですね。

中国では、5 世紀ころからトイレの女神さまを祭っていたようです。

正月 15 日 (元宵節) に紫姑神を迎え、その年の農作物の不出来や

養蚕について占いをするお祭であったようですね。

この女神さまの由来は、次のような伝説です。

唐の則天武后時代、美しい女性が、官僚であった李景の妾になっていたそうです。

何麗縁という名で、学問もあったので、李景にたいへん愛されていました。

ところが、李景の妻にひどく嫉妬されてしまい、ついには厠の中で殺されてしまいました。

そこで中国神話の最高神である天帝は、これを哀れんで神としたといわれています。

この女神が「紫姑神」です。

また、お隣の国韓国では、家庭内の守護神であるソンジュに従う、

刑罰を執行する女神とされています。

若いのに気難しい女神と考えられているようですね。

詳しい方、どうぞ教えてください。

日本では、トイレに女神がいるという言い伝えはみられませんが、

やはりカマドの神さまのように、家を司る女性を守護する神さまの特徴があります。

(カマドの女神さまについても『徹底比較 日本神話とギリシア神話』参照)

飛騨地方では、厠神の手伝いがないと出産が軽くないと伝えられているそうです。

ギリシア神話にも出産の女神がいて、

レトという女神が出産できず、困ったというエピソードがありますね。

そういえば、妊娠したときに、しっかりトイレ掃除をすると美しい子が生まれるときいて、

トイレ掃除がんばっていましたっけ。

お陰様で、息子2人は私よりはよくできた顔になっています(親バカcoldsweats01

出産した後、 3日目に「雪隠 (せつちん) 参り」といって、

産婆さんに抱かれて赤ちゃんが厠神に参るところもあるとか。

どなたか詳しく教えてください。

(便所神については『日本の神々 多彩な民俗神たち』を参照。)

「千と千尋の神隠し」で、印象的なシーンが

千となった千尋が、油屋の床をぞうきんがけしているところ です。

うちの子どもの小学校の先生からも(かつては幼稚園の先生にも)「家事手伝い」させてください、と指導されました。

掃除は「生きる力」に直結するんですよね。

特に、他人がいやがる掃除を自分からできる子どもは、

shine将来、立派に生きていけるshine

ような気がします。

松下幸之助さんは、だれよりも早く会社にいって仕事をする前にトイレを掃除していたそうです。

本田宗一郎さんも普通はかくれたところに配置するトイレを工場の真ん中において大事にしたというエピソードも有名です。

人が嫌がることを自らすすんで行える行動力・・・

現代の子ども(特にうちの子たち)に必要だと考えさせられました。

社会に出れば、嫌な仕事があるとすぐに逃げるか、

他の立場の弱い人に押付けてくるような人間もいます。

でも、そんな人は信頼されないでしょうし、経験知もないでしょう。

良い仕事もまわってこないように思います。

トイレ掃除を平気で、喜んで行う人間には、

汚い川の神さまを綺麗にしようと立ち向かった千尋が、

川の神さまからご褒美に「ダンゴ」を与えられたように、

神さまから愛され、いい仕事、いいめぐりあい、

いい心持ちになれるのかもしれません。

汚くなった川(や)の神さまをきれいにすること・・・

それは、今の日本にとっても大事なことなのかもしれません。

        

2008年11月 6日 (木)

(続)なつかし・仮面ライダー響鬼と「ケガレ」

上のこどもはとうとう仮面ライダーから離れました・・・・・・

今は遊戯王とポケモンです。

下のこどもは生まれたときから「rvcar」好き。

ずっとトミカ・チョロQと、カーズで生きてます。

最近は「スピード・レーサー」も増えました。

「マッハゴーゴー」もなぜか歌えます。

思い出すのはゆう君(当時3歳)がヒーローに染まっていた頃

・・・こどもの雑誌で「響鬼」を知りました。

「鬼」sign02 なんちゅーネーミングぢゃ

と驚いたのを今も覚えています。

仮面ライダー響鬼のオープニングもぶっ飛びましたね。

後に「おっさんライダー」と呼ばれる、サングラスにコートのキャラが出てきて。

でも、その後の話の展開は日本文化好きの私にはたまらない設定でしたね。

「響」の鬼が魑魅魍魎を倒す。なるほど、でした。

鬼=鬼神だったんですね。

吉野に本部があるところからして修験道をモチーフにしているのがよくわかりましたし、

「音撃」も、音曲によって「ケガレ」を清めるという発想だということがわかって

興味深いモノでした。

音は魂を揺らせます。

鎮魂・・・魂振り(たまふり)、魂鎮め(たましずめ)をご存じでしょうか。

宮中の「鎮魂祭」とは「みたましずめのまつり」と訓まれるように、

太陽神アマテラスの力を継承する天皇の霊魂がふらふらと

体外に遊離するのを留め、

体内に鎮めるための祭です。

儀礼では鎮魂(たましずめ)とともに魂振(たまふり)の儀が行われます。

鎮魂祭は太陽の力が最も弱まる冬至、たぶん今月に行われます。

冬、日照時間が短くなるのを古代の人は太陽のパワーが弱くなった

と考え、ならば太陽神の子孫である天皇の

生命エネルギーも弱まると考えて、

重要な儀礼の前に天皇の生命エネルギーの活性化を図る儀礼なんですね。

この儀礼のなかで御衣振動の儀という、天皇の衣の入った御衣筥(みそはこ)を

十回振り揺らす魂振りの儀礼があります。

天皇の化身ともいえる御衣筥を振ることで

天皇の魂、すなわち生きるエネルギーを活性化させているんですね。

 「タマフリ(魂振り)」いわゆる鎮魂(ミタマシズメ・ミタマフリ)は、

ケガレ(気枯れ、気離れ)の魂を振り起こし、

活性化させ、ケガレを取り除くことができる

呪的な行為なわけです。

太鼓の音は空気を振動させます。つまり振り動かしています。

その振動を人間がうけ、体が振動すると、魂も振動しているように感じ、

生命力が活性化されていると感じられるのではないかと思います。

「響」は心と魂をゆさぶり、人に感動を与え、生きるパワーを与えてくれる。

そして、その生命エネルギーが、「ケガレ」=魑魅魍魎を跳ね返してくれる。

そんなイメージが私にはあります。

響鬼にはたくさんの楽器が武器となって出てきました。

しかも、振動によって「ものをこわす」ことをも踏まえた攻撃表現でしたね。

音の振動によって、ガラスがはじけ割れるような・・・bomb

最近、声で、ガラスのグラスを割ってしまう外国人をよくみますが、

ガラスが割れたとき、「音撃かsign02とツッコミを入れたのは、

わたしだけでしょう・・・か。

(追記)響鬼と電王のコラボで映画はできませんか。

     ネットで署名運動したいものです

楽天なら楽チン

参考資料

  • 佐々木隆氏: 「千と千尋の神隠し」のことばと謎
  • 岸 正尚氏: 宮崎駿、異界への好奇心

注目商品

  • 夢を実現させてくれた本
  • 女性にオススメ パソコンバック
  • 幸運度が絶対上がる本      【自然の神々に感謝できます】

アマゾン

オススメ!神話本

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ