« 古事記成立1300年、日本再出発の年として・・・ | トップページ | 柳井正会長兼社長k »

2012年1月 4日 (水)

NHKドラマ「平清盛」と古事記のヤマトタケル

まもなく、松山ケンイチ主演「平清盛」が始まります。

うちの息子たち、かなり興味をひかれたようです。「海賊」がポイントですね。

迫力ある「海の戦い」を期待します。

 

確かに、清盛と言えば悪い印象が強いです。

子どもの頃見た、熱病でくるしむ清盛のお話と挿絵が強烈で、「苦しんで死んだ人」のイメージでした。

 

学生の頃、そのイメージを払拭してくれたのが、吉川英治著『新・平家物語』でした。

 

そして、このたびのNHK大河ドラマは、すがすがしい英雄「平清盛」らしいですね。

苦難を乗り越え、偉大な人物になっていくケンイチさん扮する清盛をみて、

震災で苦難を強いられている若者たちがパワーを得てくれるといいと思います。

韓国ドラマのような、三角関係などもあれば、面白い・・・かな?

 

 

平忠盛の嫡子。しかし、本当は白河院の落胤 (らくいん)かもしれなかった清盛。

ふたりの父をもつ「清盛」の描写に期待です。

また、伊勢国との関係も注目すべきところ、かと。

 

伊勢国は奈良時代から(おそらく、それ以前から)東国との海上交通の要地でした。

 

平安時代、安濃津 (あのつ)、桑名津は重要な港だったと考えられています。

 

 
この「海上の道」は『古事記』ヤマトタケルの東征説話と密接な関係があります。

 

また、清盛の「熊野詣」を、神武天皇の熊野村説話をもとに考えると、

物語的にとても面白いんですね。熊野は「死と再生」の聖なる地なのですから・・・

(このことについては、コメントにご要望があり次第書きたいと思います。)

 

 

伊勢に根拠地をもっていた平家、平清盛だからこそ、海上への志向性があり、

海を重視した、と。

 

つまり、古代から発達していた伊勢湾を中心とする海上交通という環境があったからこそ、清盛は「海上」を利用した政策に力を入れたんだと。

 

古代妄想をもっていえば、ヤマトタケルと清盛とは、「海上の道」でつながっていると考えます。 

 

清盛が、厳島 (いつくしま) 神社を崇敬したのも、「海の神話」に強い関心があったからと考えたいですね。ヤマトタケルが伊勢神宮と関係深かったように・・・

 

さらに、2人とも、天皇家の血をひきながら、父である天皇と離別し、悲惨な最期を遂げた「皇子」というところも、共通の物語要素をもっているようで面白いですね。

 

 
 
また、大事な家族を海で命失わせてしまうのも共通します。 

ヤマトタケルは、オトタチバナヒメを・・・

 

平清盛は、安徳天皇をはじめとする平家一族を・・・

 

 

哀しき英雄のお話は、ギリシア神話のヘラクレスとも共通します。

 

(興味のある方は明治書院『徹底比較 日本神話とギリシア神話』をお読みください。 ヘラクレスとヤマトタケルの共通要素などがよくわかります。)

 

 『古事記』のヤマトタケルが、哀しき英雄として古くから日本人に愛されてきたように、ケンイチさん演ずる平清盛が、やはり哀しき英雄として日本中から愛されることを、心よりお祈りいたします。

« 古事記成立1300年、日本再出発の年として・・・ | トップページ | 柳井正会長兼社長k »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 今年は島根県で古事記1300年祭が開かれるらしいですね。しかしわたしとしては、オオクニヌシノミコトの足取りをたどるので、鳥取県からの旅行プランを考えています。まずは白兎海岸と白兎神社、つぎは八十神のいじめにあったといわれる南部町の赤猪岩神社、次には根之堅洲国ともいわれたお隣の島根県安来市でスサノオの試練をうけたと思われる富田八幡宮摂社須賀神社へ。その近くにある古代出雲王陵の丘も見逃せない。時間があれば、伊邪那美ノ神が眠る比婆山の久米神社にも行ってみたい。それを更に西に進むと、松江市の揖夜神社の近くの黄泉比良坂へいき、一路、出雲大社に進むというルートです。出雲大社の古代出雲歴史博物館もなかなか見逃せないとのこと、先の安来市で出土した、錆びずに出てきた奇跡の大刀なども展示されているからです。

 島根県安来市の須賀社は、珍しい境内社であって摂社ではありません。相当古そうなのですが、どういう由緒があったのか手がかりを見つけられません。これこそが出雲神道の極秘なのではないでしょうか?

 安来は古事記では根之堅洲国というところでスサノオの活躍地ですね。正確には十神島根之堅洲国となりますが長いので古事記では省略されています。
 この省略された、十神島というのは出雲国風土記では砥神島という陸繋島であったであろう現在の安来市の十神山です。この島は安来市のシンボルと見いわれ、きれいな円錐形をした小山ですが、古代の人たちの崇敬の島だったらしいです。この十神というのはイザナギ・イザナミを含むそれ以前の時代を、
神世といってその後の神代の時代と分けて表現されますが、神世七代には十の神がおりそれからつけられた神聖な島だったのだと思われます。ここがオノゴロ(淤能碁呂)島と考えると、近くにイザナミの神陵地もあることから合理的なのではと思われます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527054/53653258

この記事へのトラックバック一覧です: NHKドラマ「平清盛」と古事記のヤマトタケル:

« 古事記成立1300年、日本再出発の年として・・・ | トップページ | 柳井正会長兼社長k »

楽天なら楽チン

参考資料

  • 佐々木隆氏: 「千と千尋の神隠し」のことばと謎
  • 岸 正尚氏: 宮崎駿、異界への好奇心

注目商品

  • 夢を実現させてくれた本
  • 女性にオススメ パソコンバック
  • 幸運度が絶対上がる本      【自然の神々に感謝できます】

アマゾン

オススメ!神話本

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ