« メイちゃんの執事・・・さけぶなぁぁ。 | トップページ | 年中行事食が「日本人」を育てるかと »

2009年3月12日 (木)

子どもと楽しむ年中行事(お水取りと若返りの水)

疲れたら「日本酒」のわたしですが、古代の人は・・・・・

コネタマ参加中: 疲れたときに欲しくなる食べ物・飲み物を教えて!

奈良新聞HPより引用

秘儀の準備整う-お水取り・閼伽井屋飾り  (2009.3.12 奈良新聞)

 終盤に入った二月堂の修二会(お水取り)は、

13日未明に「水取り」の秘儀が行われる。

          二月堂下の閼伽井屋(あかいや)から

          香水(こうずい)をくみ上げる荘厳な儀式。

     11日、閼伽井屋をサカキで飾る作業が行われた。

 

3月上旬「啓蟄」のとき。

地の穴から虫たちがでてくる季節。

まもなく春本番になります。

 

そしてこの時期といえば「お水取り」です。

奈良では、このお水取りが終わると

春になると感じます。

奈良東大寺の二階堂・・・

有名な光景は

夜の勤行の始まりを告げる「おたいまつ」。

二月堂の舞台の欄干は

参拝客がひしめきあう境内からは

かなり首が痛くなるほど

見上げなくてはいけません。

とても高いところを

「おたいまつ」という火の玉が

くるくる回りながら駆けていくと

火の粉が参拝客にかかり、

大きな歓声があがります。

奈良時代からずっと続いている伝統法会(ほうえ)、

言い換えれば仏教のお祭りですが、

今年で1258回目を迎えたそうです。

練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる

11人のこもり僧が国家鎮護・天下安泰などを願い、

14日の深夜まで勤行を続けます。

 

でも、火のお祭りなのに

なぜ「お水取り」なの、と不思議に思いませんか。

実はこの法会の肝心要は、

上記の新聞記事にあるように

お水を二月堂下の閼伽井屋(あかいや)から

香水(こうずい)と呼ばれる神聖な水をくみ上げることなのです。

 

この「香水」、なんと若狭から送られてくるとされています。

近江国の小浜市。

(最近はオバマ大統領で有名になりましたが)

この小浜市にある神宮寺「鵜の瀬」から送られるのです。

それを「お水送り」というそうです。

奈良・東大寺お水取りに先立って、

3月2日行われるお水送り神事です。

ここから送られた若狭の水は10日間かかって、

東大寺の二月堂の若狭井に届くと伝えられています。

 

古代、近江国は神秘的な国と考えられていたようです。

この地には不老不死のような力が宿っていると。

若狭は、御贄(みにえ)といって、

神にお供えし、天皇に捧げる食べ物を生産し都へ送る

御食国(みけつくに)だったと考えられています。

近江には「息長(おきなが)」と呼ばれる地があって、

息長は一説では「息が長い」=息をしている生きている時が長い

という意味であるといわれます。

若狭は「若さ」(?)でしょうか。

そういえば

滋賀県米原の醒ヶ井にある加茂神社境内脇の石垣からは

名水「居醒の清水」が湧き出ています。

古事記という神話の書物には

伊吹山のあらぶる神に傷つけられた

ヤマトタケルが身体を癒した霊水と伝えられています。

近江国には「癒しの清水」ともいえる水があるのですね。

 

岐阜県にある養老の滝の伝説にも

若返りの水(をち水伝説)がありましたが、

 

私たち日本人が

疲れた~というとき飲むべきものは

shine地中より湧き出る美しき水shine

なのかもしれません。

 

そういえば、こんな「お水」はいかがですか。 

 ←近江の水「瓜割の水」

画像をクイックすると・・・・・・

« メイちゃんの執事・・・さけぶなぁぁ。 | トップページ | 年中行事食が「日本人」を育てるかと »

文化・芸術」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527054/44325620

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもと楽しむ年中行事(お水取りと若返りの水):

« メイちゃんの執事・・・さけぶなぁぁ。 | トップページ | 年中行事食が「日本人」を育てるかと »

楽天なら楽チン

参考資料

  • 佐々木隆氏: 「千と千尋の神隠し」のことばと謎
  • 岸 正尚氏: 宮崎駿、異界への好奇心

注目商品

  • 夢を実現させてくれた本
  • 女性にオススメ パソコンバック
  • 幸運度が絶対上がる本      【自然の神々に感謝できます】

アマゾン

オススメ!神話本

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ