« お風呂で登場、パンツ戦隊パンツマン!!!!! | トップページ | メイちゃんの執事・・・さけぶなぁぁ。 »

2009年2月24日 (火)

子どもと楽しむ年中行事(はまぐりの女神とてこね寿司)

3月3日は磯遊び・磯祭りなどといって、

春の海や川、または山へ遊びに行く地方があります。

 

 

春は仕事始めの季節、農業も漁業もこれからたいへんです。

そんな忙しくなる前、遊べなくなる前に、

1日野山や海辺に出て遊んだり飲食したりする風習がありました。

これは「物忌み」の日の一つで、

仕事を休まなければならない決まりの日です。
 

 

かつては旧暦3月3日に行われた行事で、

あたたかい地方では3月3日、寒い地方では4月8日などに、

「山遊び」「磯遊び」と言って、山や海に遊びに行きました。

 

『守貞まん(ごんべんに曼)稿』という書物に、

 

今世、今日(3月3日)、大坂は住吉、

江戸は深川洲先等に汐干狩群集す。

 

とあって、江戸時代にはたくさんの人々が

磯遊びにいっていたことがわかります。

現在行われている潮干狩りは、この磯遊びがはじまりだとか。

また、潮干狩りはもともと、流し雛、雛送りとも関連があるとされています。

水辺に出て祓えを行う儀礼が変化していったのかもしれません。

また雛祭りには、はまぐりやあさりなどの貝類を供えたり、

食材になったりしていますが、これも磯遊びと関係があるかもしれません。

 

「浜+栗」だという「はまぐり」

栗の形に似ていると言えば・・・似てるかな?

「はまぐり」も日本神話に登場する聖なる食材です。

 

 

『古事記』の神話に、

大国主神さまが登場する神話がありますが、

大国主神さまの意地悪な兄さま集団(八十神)は

弟大国主さまを殺そうとたくらみます。

そのたくらみによって

焼け死んでしまった大国主神さまを

生き返らせた女神がいます。

 

 

その女神が
 
 

  heart01ウムギヒメheart01
 

 
はまぐりが神格化した女神です。

 
貝が女性の子どもを生む部分(女陰)に

よく似ていることから

生命を司る力があると考えられたのでしょう。

ひな祭りに「はまぐり」を食すのも

あとで述べる理由だけではなく、

「はまぐり」の生命誕生につながる力を

大事な子どもへ「 感染 (力の伝達) 」させる

という目的もあるのかもしれません。
              

ちょっと恥ずかしい日本の昔話に

「はまぐり女房」というお話があって、

こちらも貝=女陰のイメージから発生したものと

考えられています。

(お話は長くなるので、検索してみてください・・)

 

 
 
この聖なる食材「はまぐり」ですが、

古代の人は「ゲーム」にも使用していました。

それが「貝合わせ」です。

はまぐりの貝がらは、二枚貝、

ペアになっている貝殻以外とは合いません。

そこで、トランプの神経衰弱のように、

裏返した貝殻のペアを見つけて遊びました。

また、ペアになる貝がこの世でひとつしかないことから、

夫婦和合の象徴とされ、

平安貴族の嫁入り道具になりました。

現在、ひな祭りに「はまぐり」が食されるのも

女の子がよいだんなさまに出会えますように

という願いがこめられているとされています。

 

また、「ぐれる」という言葉も、

このハマグリに由来することが

テレビなどで取り上げられていました。

 

少年などが非行に走ることを「ぐれる」といいますが、

江戸時代からある言葉で、

ぴったりペアの貝殻があう「はまぐり」に対して、

食い違っていることを「ぐりはま」というようになり、

さらに変化して「ぐれ」と省略されるようになりました。

そして、それが現代動詞化して

「ぐれる」になったそうです。

 

 

横道に逸れましたが、

ひな祭りに

「はまぐり」の潮汁。

そして、磯遊び に ちなんで

伊勢名物てこね寿司

なんて、いかがでしょう。

てこね寿司は伊勢の漁師さんたちが考えた

とても美味しい郷土食です。

  

 

てこね寿司の作り方

【材料】
かつお(まぐろも好きです) 1さく
大葉 10枚 ・・・千切り
新生姜 1かけ ・・・みじん切り
白ごま 大さじ3
ごはん 2合
昆布 10cm片
刻み海苔 適量
ミツカンの寿司酢 大さじ4~5
(寿司飯の作り方は商品の説明にあわせてください)

・つけだれ
醤油 100cc
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ2

 作 り 方 

冷めた寿司飯に
新生姜、大葉、を加えてよく混ぜます。
さらに白ごま半分を混ぜ入れます。
そしてカツオ投入して混ぜる。
飾り用のカツオを少しとっておいて、
あとで残りの白ごまとともに
寿司飯の上に載せるのもよいかと。
材料はすべてきっちり冷ますのがいいかと。
 

 

 
錦糸卵を散らしたり、

ピンクのでんぶでデコレーションしても

おもしろいですね。

というわけで

はまぐりのお吸い物、あさり寿司などいかがでしょうか。

« お風呂で登場、パンツ戦隊パンツマン!!!!! | トップページ | メイちゃんの執事・・・さけぶなぁぁ。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527054/44092031

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもと楽しむ年中行事(はまぐりの女神とてこね寿司):

« お風呂で登場、パンツ戦隊パンツマン!!!!! | トップページ | メイちゃんの執事・・・さけぶなぁぁ。 »

楽天なら楽チン

参考資料

  • 佐々木隆氏: 「千と千尋の神隠し」のことばと謎
  • 岸 正尚氏: 宮崎駿、異界への好奇心

注目商品

  • 夢を実現させてくれた本
  • 女性にオススメ パソコンバック
  • 幸運度が絶対上がる本      【自然の神々に感謝できます】

アマゾン

オススメ!神話本

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ