« たぶん長男が遺伝しているな | トップページ | お風呂で登場、パンツ戦隊パンツマン!!!!! »

2009年2月23日 (月)

子どもと楽しむ年中行事(ひな祭を過ぎたらすぐ人形を片付けるのはなぜか)

日本のひな祭りがいつ頃から始まったかはよくわかっていません。

 

もっとも関係がありそうなのは「流し雛」の風習です。

前回書きましたように、3月3日は「上巳の祓」を行う日でしたから、

人形は、祓い神事に用いる人形の意味をもっていると考えられています。

 

 

よく「ひな祭を過ぎて飾っていると嫁に行き遅れる」といわれますが、

この俗信はたぶん「ひな人形」さんたちが女の子の悪いモノ(ケガレ)を

自分たちの身に移してくださっているので、はやく物置の奥へ閉まって、

「物忌み」させなさい、という考えからできたのかもしれません。

平安貴族はケガレのあるときは参内することができず、

じっと家に閉じこもっていました。

これを「物忌み」といいました。

人にケガレをうつさないためです。

 

 
きっと「ひな人形」さんたちも女の子のケガレを

一年間かけて物置の中や押し入れの中で「物忌み」して

しっかり清めてくれているのでしょう。

 

 

『延喜式』の「六月晦大祓」の祝詞というものの中に

罪やケガレをはらいさってくれる神さまたちがいます。

 

瀬織津比売(せおりつひめ)

速開都比売(はやあきつひめ)

気吹戸主(いぶきどぬし)

速佐須良比売(はやさすらひめ)

 

人形たちの背負ったケガレも

この神さま、女神さまが祓い遣ってくれるのでしょう。

神社さんにいくと、時に「形代」をいただけます。

白い紙でつくられた人の形のものです。

映画「千と千尋の神隠し」では「ぜにばあ」が

術であやつっていましたね。

竜の姿のハクを追い掛け、無数の「形代」のようなものが

青い空を舞っているシーンは迫力がありました。

神社さんでは「形代」で身を撫で、「形代」に息を吹きかけるます。

これはケガレを追い出してしまうことを意味し、

自分のケガレを人形に移し、人形をわが身の代りにして

清めてもらうのです。

「息」は「生き」です。命そのものです。

息をしなければ死んでしまう、息には「生きる力」があります。

「息+吹き」で「いぶき」です。

息を吹きかけることで、

その人形は息をかけた人の魂を分け与えられます。

だから「身代わり」になるわけです。

 

 

古くから人形には魂があると考えられていました。

そんな知識があるせいで・・・・weep
 

うちは古くなった人形が、

いつまでもいつまでもいつまでも残っています。

そのうち「人形供養」にもっていかねば・・・bearing

« たぶん長男が遺伝しているな | トップページ | お風呂で登場、パンツ戦隊パンツマン!!!!! »

文化・芸術」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527054/44091876

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもと楽しむ年中行事(ひな祭を過ぎたらすぐ人形を片付けるのはなぜか):

« たぶん長男が遺伝しているな | トップページ | お風呂で登場、パンツ戦隊パンツマン!!!!! »

楽天なら楽チン

参考資料

  • 佐々木隆氏: 「千と千尋の神隠し」のことばと謎
  • 岸 正尚氏: 宮崎駿、異界への好奇心

注目商品

  • 夢を実現させてくれた本
  • 女性にオススメ パソコンバック
  • 幸運度が絶対上がる本      【自然の神々に感謝できます】

アマゾン

オススメ!神話本

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ