« しょうゆバター○○○ と ごはん | トップページ | 予想通りにあぶな~い!!!!!!! »

2008年11月20日 (木)

浄瑠璃寺←読める?

天女はいるけど、天男がいないのはなぜか。

コネタマ参加中: こっそり教えて!「穴場の紅葉スポット」

仕事柄、奈良・京都にいくことが多い。

浄瑠璃(じょうるり)寺は穴場ではなく、王道であるが、

忘れられない紅葉の美しさの場所である。

秘仏公開の時に、吉祥天女像(厨子入り・重文・鎌倉時代)を

みることができる。

ところで、「天女」はよくきくが「天男」はきかない。

なぜかというと、古代仏教では、

「天女」は天上世界で男をもてなすホステスさんなのである。

女は極楽にいけないのだpout

なぜかというと、月々に生理の痛みがあるし、

出産の時にも激痛をともなう。

(私はあまりのいたさに、ごめんなさい、もうやめてくださいcryingと叫んだ。)

身分が低い、など、古代の女性はいいとこなしだったので、

悟りをひらいた女性は死んだら男になって、

極楽にいくのである。

これを「変成男子(へんじょうなんし)」という。

男が極楽往生するとそこには天女がいて、

男たちを歓待することになっている。

だからホステスさんの「天女」はいても、

ホストくんのような「天男」はいないのである。

« しょうゆバター○○○ と ごはん | トップページ | 予想通りにあぶな~い!!!!!!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527054/43172270

この記事へのトラックバック一覧です: 浄瑠璃寺←読める?:

« しょうゆバター○○○ と ごはん | トップページ | 予想通りにあぶな~い!!!!!!! »

楽天なら楽チン

参考資料

  • 佐々木隆氏: 「千と千尋の神隠し」のことばと謎
  • 岸 正尚氏: 宮崎駿、異界への好奇心

注目商品

  • 夢を実現させてくれた本
  • 女性にオススメ パソコンバック
  • 幸運度が絶対上がる本      【自然の神々に感謝できます】

アマゾン

オススメ!神話本

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ