« 人間動物園 山本一力氏のお話 | トップページ | 人間動物園 中園ミホ氏の「お金持ちになるサイフ」 »

2008年11月13日 (木)

人間動物園 大沢在昌氏のお話

lovely大沢在昌(おおさわ・ありまさ)氏

大沢氏は1956年名古屋生まれだそうです。

先生の話術も巧みで、ついつい笑ってしまいました。

慶応大中退後、79年、「感傷の街角」で第1回小説推理新人賞を受けられ、

長く「初版作家(重版されない、売れていない作家)」をされていたそうです。

自分の本を探しに本屋に行くとない、店員にきいてみると、

なんと、赤川次郎氏の本の土台にされていたsign03sign03sign03

赤川氏の本が全部売れたら自分の本がでてくるようになっていた・・・と。

せ、せつないbearing

そのあと、これではだめだ、と気合いを入れて

1年半すべてを断って、小説「氷の森」を書かれたそうなんですが、

それも売れなかった・・・

で、次の本を出さねばならない、でももう出す気力もネタもない・・・

ような状態で出されたのが「新宿鮫」だったそうです。

面倒くさいことはなし、単純なことを書いてやろうという気持ちで、

しかも、本の題名を「決めてください」と出版社にいわれ、

「え~、新宿署の鮫島だから『新宿鮫』でいいや。」

と出版社が「そんなのありかsign02」と騒ぐくらいにテキトーにつけたら・・・

大ベストセラーsign03sign03

吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞されることに。

94年、「無間人形 新宿鮫4」で直木賞受賞。

「新宿鮫」シリーズはすべてベストセラー。

わたしも読ませていただきました。映画も見ました。

「新宿鮫」を出版して、また本屋へ。

で、案の上、ない。

あ~あ、また初版か・・・と思ってたら。

「先生、売れてますupnote

という出版社からの連絡が・・・

大沢氏曰わく、「口コミで売れたんですよ。」

・・・でも、そこからが「お教え」でした。

今考えれば、仕事全部断って、1年半一冊の本に集中したのがよかったのだと・・・

その苦労や努力が「新宿鮫」につながったのだと・・・

なるほど・・・confidentconfidentconfident

耳が痛い・・・weepweepweep

現在は日本推理作家協会理事長をされておられるわけで。

「でも、ぼくはそんなに稼いでませんよ。稼いでるのは

同じ大沢オフィスに所属する宮部みゆき、京極夏彦の二人です。」

と謙遜されるところも、茶目っ気たっぷりでかっこようございましたheart02heart02heart02

大沢氏の言葉からは、

「あきらめるな」「続けなさい」「たくさん読みなさい」

私は小説家を目指してはいませんが、

思わず、目指したくなりました。

最後に友達とともに、サインと握手shine

思わす、ときめいてしまい・・・大沢氏といっしょに高級パーにいきた~いhappy02

  lovely lovely lovely 妄想爆走中 lovely lovely lovely

またひとつ「しあわせheart04」をいただきました。

« 人間動物園 山本一力氏のお話 | トップページ | 人間動物園 中園ミホ氏の「お金持ちになるサイフ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527054/43102624

この記事へのトラックバック一覧です: 人間動物園 大沢在昌氏のお話:

« 人間動物園 山本一力氏のお話 | トップページ | 人間動物園 中園ミホ氏の「お金持ちになるサイフ」 »

楽天なら楽チン

参考資料

  • 佐々木隆氏: 「千と千尋の神隠し」のことばと謎
  • 岸 正尚氏: 宮崎駿、異界への好奇心

注目商品

  • 夢を実現させてくれた本
  • 女性にオススメ パソコンバック
  • 幸運度が絶対上がる本      【自然の神々に感謝できます】

アマゾン

オススメ!神話本

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ